HOME テレビ 【 鈴木おさむ の WHAT’S ON TV ? 】X世代を興奮させるテレビ作り
2022.6.9

【 鈴木おさむ の WHAT’S ON TV ? 】X世代を興奮させるテレビ作り

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

【 鈴木おさむ の WHAT’S ON TV ? 】第45回

 

ここ数年、Z世代という言葉をよく聞きますが、Z世代以外に、Y世代、そしてX世代なんて定義があるのを恥ずかしながら知りませんでした。

Z世代というのは、1997年以降に生まれた人達のこと。
Y世代は1981年~1996年ごろの生まれで、ミレニアル世代とも言われていたり。
で、X世代は1965~1980年生まれで、今の40代~50代中盤となりますね。僕ももろそこです。

 

現在のマーケティングでは、Y世代の人たちが重要視されているらしい。
テレビも個人視聴率が重要視されてからは、まさに、このY世代が大事だと言われている。

Y世代はインターネットに慣れ親しんだ世代で、Z世代はインターネットが身近にある環境で育っています。だからこそ、Y世代とZ世代がテレビ離れをしていくのもわかります。

テレビ業界は若者のテレビ離れに歯止めをかけるため、Y世代とZ世代を狙って、なんとかしたいというのもわかるけど、そこには限界もあると思う。
今、大事にしなきゃいけないのはX世代なんじゃないかと思うのです。

 

X世代は、現在の日本文化のひとつでもあるアニメやゲームの普及とそれらを活性化させた世代とも言われています。今年50歳の僕が小学生の時に、ガンダムの大ブームとファミコンの登場を経験しているので、まさにそれ。

X世代の特徴として、いまだにテレビの利用時間が長いです。そして、テレビの次に長いのがインターネットとなっている。そして、このX世代は成長過程でさまざまな新しいモノが登場し、触れ合ってきたため、新しいカルチャーを取り入れようとする意識が高い気がします。購買意欲も高い。

 

で、話変わって映画「トップガン マーヴェリック」です。
36年ぶりの続編となるこの映画。「今どき続編作っておもしろくなるの?」と懐疑的な人が多かったと思うが、公開してみると大大大ヒット。僕も見ましたが、めちゃくちゃおもしろい。前作で教えられる側だったトム・クルーズが今度は教える側に立つ。現在59歳。なんて格好いいんでしょう。

「見終わって元気が出ました。」「なんだかすごくやる気になった。」
そう言う意見がとても多いんです。

この「トップガン マーヴェリック」は、まさにX世代がこぞって見に行きヒットしている。その感想と評判がY世代に伝染して、大ヒットとなっているのだと思います。正直、若い人たちには前作を見ないことをお勧めしている。見なくても十分楽しめる作りになっているし。

この大ヒットを見て、テレビ業界が大事にするべきひとつのポイントはここなんじゃないかと思うんです。X世代を興奮させるテレビ作り。
40代~50代をしっかり狙って、興奮させる。それにより、その興奮が下の世代に伝わっていく。

 

どれだけY世代とZ世代を狙っても、インターネットに割いている時間を今からテレビに持ってくるのは大変である。だとしたら、X世代を興奮させて、それを下に伝染させていく作り方。まさに「トップガンマーヴェリック」作戦が、今後のテレビ業界において結構大事なんじゃないかと思ったりする。

是非見ていただきたい。ヒントはきっとそこにある。

 

<了>

関連記事


てれびのスキマの温故知新~テレビの偉人たちに学ぶ~「妹尾河童」篇

PREV

人気の記事

RANKING

最新の記事

WHAT'S NEW

MORE