HOME テレビ 「配信で地元ならではの情報をデリバリーする」中京テレビ 林 義人さん vol.4
2018.5.7

「配信で地元ならではの情報をデリバリーする」中京テレビ 林 義人さん vol.4

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

中京テレビ 編成局インターネット事業部 林 義人氏


 前回の記事はこちら(vol.3)

―現在、『Chuun』にかかわっておられるメンバーは何人くらいなのでしょうか?

現在は、兼務ありで12名ですね。僕が統括で、コンテンツ担当の制作チームがあって、技術が1名、それにオペレーターとデスク。1年間やってみて分かったのは、コンテンツを作って配信するだけでは見てもらえなくて、制作にかけるのと同じくらいのパワーをプロモーションに注ぐ必要があるということです。

このプロモーションの壁は大きくて、非常に苦労しています。運用型広告のノウハウを入れたり、ネット上で『Chuun』の番組を知ってもらうための施策を、いろいろとやり始めているのですが、WEBプロモーション専属の担当はいないので、兼任でチーフを一人、もう一人は広告を運用するオペレーション担当者です。

―WEBプロモーションの内容についてお聞かせいただけますか?

今、力を入れているのが運用型広告のノウハウ獲得です。4マスだけでは届かない、アクションしてくれない人に向けて広告をターゲティングしていきます。毎日サムネイルと原稿のABテストをやって、効果を見ながらターゲットへ広告を当てていくという地道な作業をやってもらっています。

あとはSEO対策などです。さらにはWEB広告だけではなく、記事メディアに取り上げてもらうためのキャプション、記事の書き方なども含めた、総合的なノウハウを見つけようと取り組んでいます。そのノウハウは、地上波やイベントプロモーションにも応用できると思うので、テレビ局が取り組むインターネット時代の新たなプロモーション手段のオプションとして蓄積していくべきだと考えています。人々がインターネットを通じて情報を得る機会が増えている以上、これからは、テレビの方からインターネット側のことを貪欲に学んでいかないといけないですね。

―今後の課題について教えてください。

まずは、東海エリアの人たちの役に立つ配信サービスでありたいということです。。配信というと全国に向けての配信、全世界に向けての配信と考えがちですが、やはり地域の人たちのための存在でありたいという思いは強くあります。東海エリアの人たちが、中京テレビの地上波や、『Chuun』を観たりしながら、そこから情報を得て行動を起こし楽しんでもらう、エリアの人たちと中京テレビとの接点が増えていくような配信プラットフォームにしていきたい。

その先に、地域発の情報を全国に向けて発信していくという拡げ方をするのがいいのではないかと思っています。例えば、昨年、高校サッカーを配信したのですが、ものすごい反響で、しかもプロモーション費用はゼロ。東海エリアの高校サッカーの選手や親御さん、友人、サポーターなどに『Chuun』はほぼ完全にリーチできていたんです。

昨年9月に県大会の組み合わせ抽選会をライブ配信したところ7,000回以上視聴され、会場の外で恐らく選手を待つ家族が『Chuun』でライブを視聴している光景も見受けられました。準決勝のライブ配信ではスタジアムに来ている多くの人が『Chuun』を〝知っています〟〝見ています〟という反応で、再生回数も県域コンテンツにもかかわらず僅か2か月弱で弱で10万回以上再生されました。これには僕も驚きました。

ちなみに、地上波での放送は決勝戦だけ。しかし配信を使えば多くの頑張っている選手にスポットライトを当てることができますし、地域の放送局の役割ってこういうことなのかもしれない、と感じました。ソフトボールの大会を配信した時も同様で、日本のトップ選手が集う日本リーグより、女子の東海大学リーグの方が、圧倒的に再生されるんです。

ライブ配信後はアーカイブに置いておくのですが、大学ソフトボールも高校サッカーも毎日少しずつですがアーカイブでもずっと見られ続けています。

実は、アマチュアスポーツコンテンツは、選手や家族、友人などの思い入れが強い身近な自分事コンテンツなんですよね。地上波では尺などの関係で放送できないこともありますし、地域の人との接点を作っていく意味でも非常に重要な役割を持つのではないか。現時点では、そんなことを感じています。

(了)


 

中京テレビ 編成局デジタルメディア部

林 義人 (はやし よしひと)

1992年中京テレビ放送入社。本社、東京の営業を経て、2009年よりメディア開発局デジタルメディア部でデータ放送とWEBを担当。以後、デジタル領域の様々な事業に関わりながら、

2016年にインターネット無料動画配信サービス『Chuun』を立ち上げる。

 

関連記事

vol.1はこちら

vol.2はこちら

vol.3はこちら

関連記事


「これからのニュースは、時間の枠を超えて新たな空間を作り届ける役割を担う」フジテレビ 清水俊宏さん vol.1

PREV

「配信で地元ならではの情報をデリバリーする」中京テレビ 林 義人さん vol.3

NEXT

人気の記事

RANKING

最新の記事

WHAT'S NEW

MORE