HOME 新規事業 個人情報のあり方を変え、新しい社会を創りたい vol.2~Planetway Japan株式会社 代表取締役CEO/ファウンダー 平尾憲映さん
2020.4.1

個人情報のあり方を変え、新しい社会を創りたい vol.2~Planetway Japan株式会社 代表取締役CEO/ファウンダー 平尾憲映さん

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界規模の新たなフェーズへ向けて取り組むべき課題とは

 

─御社には日本人とエストニア人、どのくらいの比率でいらっしゃるのでしょうか。

社員の比率は、日本人とエストニア人がおよそ5:5。そのうち、技術系が6割、残りが営業やマーケティング、バックオフィスです。うちは営業が3人しかいないんですよ。営業しなくてもオファーは来るので、むしろPM(プロジェクトマネージャー)が必要です。

受けた案件を回すデリバリー部隊も数名しかいないので、拡充しなければいけません。組織を筋肉質にするために人数を絞った部分があるのですが、今はもう社員数に対するプロジェクトの規模が大きすぎる状況です。当社だけで抱え続けても良くないので、我々はテクノロジーだけを提供し、実際の運用の部分はパートナーに投げられるようにしていきたいですが、今のフェーズではそれができていません。

 

現在、日本とエストニア、アメリカにオフィスがあるのですが、リモートマネジメントの難しさもあります。エストニアのオフィスに行けない状況が続いた際には、エストニア側が不満を抱えてしまいました。各々にリーダーはいるのですが、今はその人たちも日本にいるので、リージョンごとのヘッドが必要だと感じます。

ただ、枯渇した人材を拡充するにしても、本当に優れた人を採用することが重要なので、面接だけではなく2~3週間一緒に仕事をしてから決めるような仕組みを取り入れていかないと難しいです。僕は一回一緒に仕事をしないと、その人と仕事ができるかわからない。そうすると相手は顧客やパートナーになってしまうのですが、そこから引き抜きまくっていては良くないということも理解しています(笑)。

加えると、優秀な人であればいいというわけでもありません。どんなに優秀でも心が共感できないと、「別にGAFAMを倒さなくてもいいんじゃないですか」みたいな話になってしまいますからね。

 

─人材の確保、育成について、平尾さんの考えをお聞かせください。

大企業で長く働こうとする若者がほぼいなくなっているというのが問題です。今のままだと、大企業も大企業ではなくなってしまう。最近会った20代前半の人が、「三ヶ月くらいで大手を辞めた。つまらなそうだったから」と言っていました。昔は「とりあえず3年やってから辞める」が主流でしたが、今の若者には全く関係ないですね。

“未来の力”がそんな熱量では、国力が弱くなってしまいます。大手企業がもっと若者から選ばれるようにする、スタートアップでもっと人材をシェアリングする、官民の間でもシェアリングする等の工夫をしなければ、良い人材を育てることはできない。イコール、日本の未来はありません。

 

─技術的な課題はいかがですか?

今のところは問題なく進んでおり、人手をあと5人プラスするだけで、プロジェクトをどんどん回せます。同時進行しているプロジェクトが4件ほどあり、一つ一つが大きいのですが、本当は10~20件同時に回したいんです。ただ、今のままではストックビジネスにならず、人件費ばかりかかってしまうのが悩みです。

 

我々のソフトは、SaaSモデルでマニュアルを送ればお客さん自身が5分で簡単にインストールできるようなものにしたいと思っているので、それが実現すれば人材の問題が解消します。ただ、そこに行くまでには人材が必要です。

50社を超えたらプラットフォームとして一気にスケールするということが統計的にも見えているので、いかに早くそこに到達するかが勝負です。今は従業員が50人しかいないのですが、理想は200人くらいの体制で50社のクライアント案件を回すこと。その後に、SaaSに変えていこうと思っています。

日本、そして世界に変革・転換をもたらす

 

—海外の大学で学び、ダボス会議などで世界的に注目されるスタートアップとなった今、日本の課題や未来をどのように見通していますか?

人類の生活でいうと、AIの第三次ブームが到来しており、大きな転換期を迎えています。 それにより、多種多様なテクノロジーとそれを取り巻くビジネス環境は激動の時代となり、そのインパクトは人類史上最大規模になると考えています。

よくAIがすべてを支配して、人類はやがてAIの奴隷になるのではと言っている人がいますが、僕はそうは思っていない。人間がAIと対等に渡り合えるだけのケイパビリティが人にはあるはずなんです。これは僕がずっと言っていることです。

 

日本の産業に目を向けると、世界の最先端からは20年以上遅れている可能性が高いです。日本のマーケットが大きすぎたので、日本の中で完結してしまっていたというのが理由でしょう。

海外と比べて顕著にネガティブなのが、イノベーションを起こすことに対するアレルギー反応です。もちろんそのなかでも変わろうとしている企業やイノベーティブなことをやろうとしている企業は意外とあって、日本としての産業界が変革期・転換期にあるのではないかとも感じます。

例えば、今までは資本主義のなかで競合がいて普通のビジネスをやってきたけども、明日からは100年戦ってきた2つの企業が手を組んで「一緒にやろう」という流れになっていかないといけない。我々がそういったことを少しでも早められる動きをしたいですが、我々だけでは手が足りません。もっとイノベーションが発生する場を創っていかなればいけません。

 

—2020年2月11日には、エストニアのユリ・ラタス首相をはじめ、エストニアから複数の企業をお招きし、御社初のプライベートビジネスイベントである「第1回PlanetForum」が開催されましたが、いかがだったでしょうか?

当社として初めてのイベントでしたが、会場には多くの参加者や報道関係者が詰めかけ、ほぼ満席で大盛況でした。日本とエストニアとのパイプをさらに強くするという意味合いもあり、国内の政府関係者もお招きしました。ユリ・ラタス首相からは「日本とエストニアの関係が、政府間だけでなくビジネスのレベルで強化されるのを目撃できるのは喜ばしい」というお言葉もいただきました。

今後も定期的にこういったイベント開催、及びオンラインコミュニティなどを展開予定です。
さらには「PlanetEco」を本格始動させる発表も行ったので、そこからいよいよ始動となります。このコミュニティサイトを、アスキーに使っていただく予定になっています。

製品の無料トライアルも始めました。サイバー戦争に打ち勝ったインフラを無料で渡すなんて信じられないですよね(笑)。

 

 

—御社として現在興味を持っていたり、中長期的に取り組んでいきたい分野はありますか?

さまざまな業界に興味はあります。なかでも対外的なインパクトが強いのは海外の金融機関、あとは行政機関でしょう。海外なら、スイス銀行やウォルマートに興味がありますし、あとはバルセロナやチューリッヒといったローカルガバメントにも着目しています。

個人的にチューリッヒは国自体に非常に興味がありますね。いまは本社がカリフォルニアにありますが、今後チューリッヒに置いて、ホールディングス化してアメリカ、日本、エストニアをそれぞれ事業会社にしてみてもいいかもしれない…など検討している最中です。

 

—最後に、御社における今後の見通しを教えてください。

保険業界での商用化に続き第2、第3の商用化の提供が進んでおり、少なくとも3つの領域のインダストリーに参画してそこで商用化を進めています。そこからプラスアルファの企業にインフラを導入することでそれぞれの企業同士が相互接続し、インフラを使っているエンドユーザーのトータルの数が2,000万人近くまでいけるような礎をつくりたいですね。

いまのユーザー130万人をいかに1億人に近づけるか。同時に、小さくても良いので海外での展開も進めていきたいです。日本の顧客しか見えていないのは危険です。良い意味で日本の顧客にプレッシャーを与えて、「日本より1年遅く始めた国では、もうこんなに進んでいますよ、早くしませんか」という交渉ができるように、内外からアプローチできるようにしたいです。

 

あと最近、日本の銀行とは、日本とアジアの金融システムを統一化できないかという、途方もない話をしているんですよ。ゆくゆくは、それがヨーロッパにもつながって、地球上の銀行が全部一つにつながっているような状態にしたいのですが、アジアと世界では仕組みが全然違います。

しかし、もし仮に世界トップ2を誇るスイス銀行に使ってもらえたら、ヨーロッパから全世界につなげるネットワークができてくる。「PlanetCross」が入れば受け口ができたことになるので、あとはIDを入れていけば接続完了。非常に壮大な規模の話ではありますが(笑)。

もちろん、最初から大きな革新を求めず、身近な課題解決をするというところから着実に取り組んでいくつもりです。

 

─夢のあるお話です!でも平尾さんなら実現できるかもしれませんね。

先述のヒューマンリソースの確保や、マーケティング、それに現在進んでいる海外の企業とのプロジェクトを確実に進めていくなど、やるべきことはたくさんあります。立ち止まっているわけにはいきません。
いずれユニコーンを超える「デカコーン」となる企業にしていきたいですし、それが実現できるだけのプロジェクトをさせてもらえると考えています。
今後1、2年の僕と当社の動きに注目していただけると、すごいことが起きるんじゃないかと思いますよ。

 

—非常にエキサイティングなお話ばかりで大変興味深かったです。本日はありがとうございました。

<了>


Planetway Japan株式会社 代表取締役CEO/ファウンダー 平尾憲映さん

1983年福井県出身。アメリカで宇宙工学、有機化学、マーケティングを学ぶ傍ら、ハリウッド映画や家庭用ゲーム機向けコンテンツ制作会社を創業。2008年、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校マーケティング学部を卒業後、ソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)に入社。その後、次世代半導体分野の企業を立ち上げるも清算を経験。サーコム・ジャパン、ワイヤレスゲートを経て、2015年7月にPlanetwayを創業。

 

★Planetway社については、2020年2月の「Planetway Forum」のレポートなども今後Synapseで公開を予定しています。

1
2

関連記事


個人情報のあり方を変え、新しい社会を創りたい vol.1~Planetway Japan株式会社 代表取締役CEO/ファウンダー 平尾憲映さん

PREV

人気の記事

RANKING

最新の記事

WHAT'S NEW

MORE