HOME 新規事業 ミンネハンドメイドマーケットのイベントをさらに積極的に!「minneに並んでいるのは、一人ひとりの思い」 GMOペパボ株式会社 阿部 雅幸さん vol.3
2018.5.16

ミンネハンドメイドマーケットのイベントをさらに積極的に!「minneに並んでいるのは、一人ひとりの思い」 GMOペパボ株式会社 阿部 雅幸さん vol.3

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOペパボ株式会社 minne事業部 部長 兼 minneのザビエル 阿部 雅幸氏


前回の記事はこちら(vol.2)

世の中のトレンドやマーケットと共に、ハンドメイドマーケット「minne」も変化、成長を続けている。市場に大きな影響力を持つサービスとなった今、GMOペパボ株式会社の阿部 雅幸氏(※以下敬称略)に、これからの「minne」について語っていただく。

 

次の夢を、作家さんとともに語り、実現したい

「minne」での取り組みを通じて、マーケットの変化を感じていますか?

阿部:ここ3年くらいで、人気カテゴリーの割合が変わってきています。アクセサリーをメインに、ファッションアイテムだったり、ベビーやキッズアイテムも伸びてきています。

また、世の中的にも、ハンドメイドの認知が広がっていると感じます。それは、minneの流通額にも顕著に表れていて、2014年は10億円、2015年は44億円、2016年は88億円と飛躍的に伸びています。また、実際購入された方から話を伺うと、「他のお店では見つからない自分にぴったりのものと出会えました。」という声が多くなってきています。「minne」の場合、作家さんによっては直接オーダーすることも可能です。他の誰とも被らない、自分にフィットするものを探したいというニーズが高まっているのではないでしょうか。

「minne」のさらなる活性化のために、今後はどのような活動をされる予定でしょうか?

阿部:Web広告などでのPRをはじめ、イベントにももっと力を入れていきたいと考えています。具体的には、対面販売イベント「minneのハンドメイドマーケット」を、たとえばテーマを絞るなどして各地で開催したり、主要都市の百貨店で行っていた催事イベントを地方に広げるなど、作家さんとファンのリアルな接点を増やしたいですね。作家さんとファンの思いを繋いでいくことが「minne」、ひいてはハンドメイドマーケット市場の活性化には不可欠だと思っています。

 

 

 

これから「minne」で目指したいことは?

阿部:おかげさまで、登録作家数やアプリのダウンロード数も順調に伸びていますし、出展作品数は700万点を越えました。たくさんの作品があるというメリットがある一方で、好みの作品と出会いづらいという課題を解消するため、自分とマッチするものにつながりやすくするシステムの構築を進めています。実は、画像解析の研究は裏側で進めていて、作品ページの下の関連作品の精度が上がったことで購入率が上昇しています。

また、作家さんの中には、「より販路を広げたい」「ブランド化したい」など、次のステップに進みたいという方が増えつつある状況です。その支援として、昨年、作家さんのマネジメント事業を立ち上げました。作家さんからのご要望に応じて、作り方を教えたいという方にはワークショップの場の提供をしたり、量産したい方にはパートナー企業をご紹介するなどの動きを始めています。

最終的には作家さんと「minne」のスタッフが同居したオフィスをつくりたいんです。僕たちスタッフと同じスペースで作家さんがものづくりをして、販売して、ワークショップを開く、思いついたアイディアや課題を共有して一緒にサービスを作っていく、そういうことができるオフィスを作るのが、僕の夢です。

最後に、ヒットするサービスを生み出すために大事な事は何だとお考えですか?阿部さんの私見で結構ですので、お聞かせください。

阿部:もともとやってみたいことは色々あったのですが、僕の場合はそれを「いつか実現しよう」と普段から考えていなかったことが、逆によかったのかもしれません。たまたま社内公募というきっかけをもらったタイミングで考え始めたから、1週間しか企画を練る時間がなくて、ホントに好きなことだけを突き詰められましたから。変な気負いがなかったからこそ、ここまで続けられたんだとも思います。

加えて、自分の「好き」のためだけではなく、「誰かのために」という視点もセットじゃないと続けていくことは難しいと感じます。自分の思いだけだと、思いが変われば止めることだってできます。でも、僕には作家さんがいました。サービスをつくる前に、一人ひとりにお声がけして様々なお話をお聞きしていたことで、「こういう人たちの作品がもっと簡単に広がっていく世界を作りたい」とイメージしながらやってきたので、サービスを使ってくれる方の顔が見えていたことが大きかったと思っています。

(了)


 

GMOペパボ株式会社 minne事業部 部長 兼 minneのザビエル

阿部 雅幸(あべ まさゆき)

学生時代、福岡市内で行われたITセミナーで、当時代表だった家入 一真氏の型破りな自社紹介に衝撃を受け、その場で入社を意思表明し、新卒採用がない中で新卒として入社。EC事業、マーケティング事業で経験を積み、「minne」を立ち上げる。現在、minneの事業統括と同サービスの伝道師“ザビエル”として活躍中。

 

関連記事

vol.1はこちら

vol.2はこちら

 

 

関連記事


参加したくなるモール型クラウドファンディングを。そのためにはコミュニケーション!

PREV

エスクローサービスでより安全取引が!「minneに並んでいるのは、一人ひとりの思い」 GMOペパボ株式会社 阿部 雅幸さん vol.2

NEXT

人気の記事

RANKING

最新の記事

WHAT'S NEW

MORE