HOME メディア 【 ラジオレコメンダー“ やきそばかおる ”の I love RADIO】~ドキドキ・ワクワクをお届けするラジオ番組・企画~TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』他
2020.3.4

【 ラジオレコメンダー“ やきそばかおる ”の I love RADIO】~ドキドキ・ワクワクをお届けするラジオ番組・企画~TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』他

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラジオ レコメンダー“ やきそばかおる ”の I love RADIO  第27回

やきそばかおる

ライター・構成作家、そして大のラジオファン。1975年山口県生まれ。
radiko.jp」をはじめ、雑誌やWebなどでラジオに関するインタビューやコラムを執筆中。
MBSラジオのナイターオフの番組『次は~新福島!第2章=芽生え=』木曜のコーナー「やきそばかおるの全国ラジオキコウ!」に出演中。


「無限の可能性を秘めた新たなトライ。ひとつ形にするため、精進します」
(江本一真さんのつぶやきより)

広島FMの平日夕方の番組『江本一真のゴッジ』(月曜〜木曜 17時〜17時54分)では、1月13日の放送で通りかかった人をドキドキさせる企画を行いました。
この日はスタジオを飛び出して広島の一大繁華街、広島本通商店街からの公開生放送。平和記念公園と繁華街を結ぶ東西577mの通りには、約200の商店が立ち並んでいます。休日には10万人が行き交う一大ショッピングゾーン。こちらに大きなステージを組んで、ビッグなゲストを呼んで派手に放送…ということではなく、とある衣料品店の軒先に机と椅子を置いた“簡易サテライトスタジオ”で放送を決行。机には「HFM」の文字が大きく書かれてあります。本番中は番組宛に寄せられたメッセージをスタッフがチェック。

人通りが多いとはいうものの、果たして見に来てくれるリスナーはいるのか、という不安はあったそうですが、生放送が始まるとどこからともなく番組ファンが集まりました。
江本さんのテンションは普段の放送から高めですが、この日は行き交う人々の雰囲気に飲まれまいと、いつも以上に勢いよく喋っていました。成人式帰りの振袖姿の女性にインタビューをしたり、偶然通りかかった男性の集団にインタビューをしたり…。さらに、その場でリクエスト曲を伺い、スタジオから曲をオンエア。

 


                     ▲『江本一真のゴッジ』1月13日公開生放送の様子

生放送で事情を知らない人に突然声をかけるのは“賭け”でもありますが、それもクリア。江本さんの人柄やコミュニケーション能力の高さで大いに盛り上がりました。「商店街の活性化」を目的にしたこの企画。

2月17日には第2弾が放送されました。今回は本通のアーケード全体に設置されているスピーカーから放送の音声が聞こえるようになっていました。江本さんは前回よりは少し落ち着き気味。遊びに来た人には「かっぱえびせん」のミニサイズのプレゼントも実施。雪がちらついていましたが、この日のために休みをとって遊びに来た人もいました。
「前回もそうだったけど、番組が始まって時間が経つほど、お客さんが増えてくる!」と江本さん。
放送中に通りかかったサンフレッチェ広島の選手が出演したり、サイコロトークでお客さんと楽しんだり…。あたり目(かっぱえびせん1ヶ月分)も出て賑やかな54分間となりました。

本通からの全編生放送は、3月は月に1度、4月以降は月に2度行われます。

 

さて、ラジオの楽しみの一つといえばドキドキを提供すること。今回は最近行われたさまざまなドキドキ企画を紹介します。

 

TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』(日曜 10時〜11時55分)はリスナーも出演者もドキドキする画期的な“電リク”(電話リクエスト)を行いました。1月12日のゲストは「平成のおんなギター流し」こと、おかゆさん。歌手になることを夢見て、ひとりでスナックに飛び込み営業をしていたという方です。

番組ではひとしきり話を伺ったあとで、“電リク”を実施。ところが、この電リクは普通の電リクではありません。リスナーが聴きたい曲をおかゆさんがギター一本で歌う、まさに流しのスタイル。しかも、通常はオペレーターが電話をとりますが、この日はおかゆさん自身がスタジオにかかってきた電話を直接とりました。どんな曲がかかってくるか分からない無謀な挑戦です。

受付電話番号を告げたところ、早速かかってきました。
1曲目はおかゆさんの十八番である『兄弟船』。少しホッとしたような雰囲気で歌い上げました。
次にかかってきたリクエストは岡ゆう子さんの『砂沼夜曲』。こちらはすぐには歌えないということで、申し訳なさと悔しそうな感情が伝わってきました。しかし、ここで終わるおかゆさんではありません。翌週には歌を収録したものを番組に送っていました。
おかゆさんの“流しの電リク企画”は、大きな反響を呼びました。

 

FM802『802 DINOSAUR』(金曜 27時〜29時)は2019年12月13日の放送で贅沢なドッキリを敢行。この日はDJの樋口大喜さんが恐竜に関する知識を身につけるべく“恐竜博物館”の“キムラ カオルコさん”と電話を繋ぎました。挨拶をして、まずは博物館の方とたわいのないお喋り。

ところが、途中で「うそだよ〜ん!」と性格が一変。実はaikoだということを種明かしした上、樋口さんに抜き打ちで恐竜に関するクイズを出題。大のaikoファンの樋口さんは「どういうこと?」と慌てふためきましたが、気を取り直してクイズに挑戦したのでした。
aikoさんと樋口さんの関係といえば、その3週間前に樋口さんがaikoさんの誕生日にバースデーコメントをツイートしたところ、aikoさんが「私はしあわせダイナソー」と、番組のタイトルにひっかけたツイートを返信したことがありました。まさに「愛」です!

 

以前、当連載でも乃木坂46の山崎怜奈さんが大のラジオっ子だということを書きましたが、山崎さんが山陰のリスナーを大いに沸かせた出来事がありました。
昨年の大晦日のこと。山陰のBSSラジオでは『森谷佳奈のはきださNight!』の年越し生放送が放送されました。そのことに気付いた山崎さんは楽屋からメッセージを送信。残念ながら、その日の放送では事前に届いたメッセージを紹介することになっていたこともあり、紹介されませんでした。

生放送が終わってメッセージを確認していた時に驚いたのが森谷さん。
「まさか、あんなに多忙な山崎さん本人が?!」
……山崎さんが『はきださNight!』を聴いていることは知っていたものの、本当に送ってきてくれるなんて…と動揺を隠しきれなかったようです。

後日、レギュラー放送で山崎さんからメッセージが届いていたことを紹介。ひょっとすると、別の人が名前を変えて勝手に送ったのでは?…と思う人もいるかもしれませんが、1月23日(木)に放送された『乃木坂46 山崎怜奈の「推しの1コマ」』(CBCラジオ 木曜 22時50分〜23時 『チュウモリ木曜日推シマシ』内)で山崎さんご本人が送ったことを告白したことで解明しました。
山崎さんも“いちリスナー”には変わりはないし、番組のファンとして送ってきてもおかしくはないのですが、なんとも驚きで嬉しい出来事なのでした。

 

2019年12月30日、ニッポン放送で16時から30分間にわたって放送された特別番組『首相官邸twitter2倍速』。放送中にSNSで話題になっていることに気づいてラジオをニッポン放送に合わせたところ、機械の音で早口で喋っているのが聞こえてきました。
こちらの番組はタイトルにあるように「首相官邸の公式ツイートを、機械の音声で読み上げるだけの30分」。突拍子のない企画なのでどのように受け止めたらいいのか分かりませんでしたが、SNSでの反応はさまざまで、私の感想はまさに「あれはなんだったのだろう…」なのでありました。

 

鹿児島のMBCラジオ『えっちゃんのたんぽぽ倶楽部』(月曜〜金曜 10時〜12時50分)で12時20分頃から放送される「みんなみんなにありがとう」は粋な企画です。
まずは子どもが誰かにあてて書いた作文を朗読。その様子を放送して、感謝の言葉を贈られた相手と電話を繋ぎます。温かい手紙に思わず涙を流す人も。作文を書いたのは子どもなのでその時間は家にいないわけですが、学校から帰ったら大いに感謝されそうです。

 

大分のOBSラジオは特定の人にとって嬉しい番組『オギデン〜雄城台伝説製作委員会〜』(日曜 20時30分〜21時)を放送しています。
この番組は、大分県立 大分雄城台高等学校の在校生と卒業生が出演できる番組。先生や部活、友達との思い出話から、現在携わっている仕事の話など、学校が地域と密な関係にあることを実感させてくれる番組です。先輩から現役生に向けたメッセージが爽快。いずれ、親子二代にわたって出演する人も出てきそうです。ちなみに、タイトルコールは現役の生徒によるものです。

 

ここまでドキドキやサプライズをテーマに書きましたが、ラジオでは誕生日や良い事があった人への「おめでとう」メッセージを伝える番組やコーナーがあります。多いので今回はそのなかから一部を紹介します。

 

Kiss FM KOBE『Kiss Music Presenter』(月曜〜木曜 15時〜19時)の月曜と火曜は、「岬の おめでとー!のコーナー」があります。アカシアオルケスタのメンバー、藤原岬さんの綺麗な声で「おめでと〜!」の声が響きわたります。大人気のコーナーで、不定期でこのコーナーのイベントも開催。「おめでと〜!」と言ってほしい人が大勢集まります。
ちなみに、水曜と木曜はうってかわって、ターザン山下さんが喝を入れるコーナーが放送されています。


 
   ▲ 藤原 岬さん(月・火) ▲ターザン山下さん(水・木)

 

ROKラジオ沖縄『バルーン みーかーのわははのは!』(月曜〜木曜 9時30分〜11時30分)は木曜に「結婚(出産)おめでとう」のメッセージを紹介しています。

 

長崎のNBCラジオ『お誕生日おめでとう』(月曜〜金曜 16時〜16時10分)は45年近く続いているNBCラジオの長寿番組。誕生日を迎える赤ちゃん・子どもたちへのおめでとうメッセージとプレゼント曲、さらには同じ誕生日の著名人を“理佳お姉さん”が紹介します。ちなみに、土曜日に誕生日を迎える子どもへのメッセージは金曜日に、日曜日の場合は月曜日に紹介しています。

 

MBCラジオで放送されている「希望のリボン」(毎日 7時30分〜7時40分)は開局日(1953年10月10日)から続いている長寿番組。メッセージを送る相手は子どもから大人まで幅広く、ほっこりする内容のものが紹介されます。また、前述の『たんぽぽ倶楽部』には「おめでとう・ありがとう、10のボイスメール」のコーナーがあり、リスナーからのメッセージを紹介します。

全国各地のFM局で放送されている『OH! HAPPY MORNING』(月曜〜金曜 7時30分〜10時55分 ※ネット局により異なる)では10時40分頃に記念日のメッセージを紹介するコーナーがあります。
(「◯◯っぽい言い方でお願いします」と伝えるとそれっぽく言ってもらえるかもしれません。中でも水曜、木曜に出演している高橋茉奈さんによる湯婆婆のまねは絶品)


井門宗之さん    小谷大輔さん    森藤恵美さん   蒲田健さん    高橋茉奈さん

 

そのほか、秋田のABSラジオ『お誕生日おめでとう』(月曜〜金曜 11時30分〜11時35分 ※再放送は16時50分から 土曜・日曜 16時50分〜16時55分)、IBS茨城放送『お誕生日おめでとう』(日曜 16時〜16時20分)、FMヨコハマ『U-MORE!』(金曜 19時〜21時45分)内「誕生日まとめておめでとうメッセージ」のコーナー、CROSS FM『NEWSIC』(月曜〜金曜 6時30分〜9時)の「BIRTHDAY GOAL!!」のコーナー、NBCラジオ・NBCラジオ佐賀『ひるカラ! MIX』(月曜〜金曜 13時〜15時50分)の「オトナのお誕生日おめでとう」など、紹介しはじめたらキリがないほどたくさんの番組で放送されています。radikoのタイムフリー機能を使って、お祝いする方に聴いてもらって驚かせるのもいいかもしれませんね。

 

 

<お知らせ>
嬉しい出来事といえば、Synapseに登場したことがある森本 優さんの番組『IMAREAL』(AIR-G’(FM北海道) 金曜 19時〜22時)から、カルビーとコラボをしたポテトチップスの第2弾が1月27日に発売されました。今回は「にんにくが効いたスパイシーベジタブル スープカレー味」。一口食べるとまさに「美味しいスープカレー」が一気に広がります。第1弾と同じくリスナーと一緒に開発しました。

▲第2弾コラボポテトチップス
「にんにくが効いたスパイシーベジタブル スープカレー味」

「スープカレー味」は何種類もの味から選ばれました。「カレー味」ではなく「スープカレー味」なのがポイント。口にするとまさに美味しいスープカレーの味が広がります。ポテトチップスの形は「堅あげ」タイプ。ポテトチップスにはフラットタイプやギザギザタイプ等がありますが、それぞれの形でスープカレー味のポテトチップスを作るなど、100回以上の試作を重ね開発されました。前回同様にリスナーも試食に参加しています。パッケージのデザインにはリスナーから届いたアイデア(番組グッズのオレンジペンが柄になっている等)も施されています。

森本さん曰く「ポテトチップスの形状が違うだけで、風味が違って感じられることにリスナーも驚いていました」。

反響は非常に良く、SNSでは『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM 月曜~金曜 22時~23時55分)のとーやま校長をはじめ、全国各地のラジオパーソナリティ、ラジオDJ、アーティスト、アイドルもおすすめコメントを寄せていました。道内には大々的にPRした販売店があったほか、道外でも人気で早々に売り切れて入荷待ちとなった店も。

 

『IMAREAL』といえば、昨年は森本さんが「このラジオがヤバい」の特別番組に出演したり、TOKYO FMの木村拓哉さんの番組『Flow』に出演して木村さんと絡んだりということもあり、各地のリスナーも増えています。乃木坂46の金川紗耶さんやサイダーガールの知さんのコーナーもあり、番組を盛り上げています。

もっともっと多くの学生にラジオを聴いてほしいという森本さん。「学生は聴き方を知らないだけ。スマートフォンでも聴けることや、面白い番組や素敵なラジオパーソナリティの存在を知れば聴いてくれる」と言います。ラジオに触れたことがない人にラジオに興味を持ってもらうべく、ゲーム実況をしつつ番組のことをさりげなくアピールする…といったこともしています。店で見かけたポテトチップスがきっかけで、ラジオに興味を持ってくれる人もいるかもしれません。森本さんの挑戦は続きます。

ポテトチップスの詳細は番組のサイトをご覧ください。北海道の様々な店舗のほか有楽町、池袋、吉祥寺、さいたま、仙台、名古屋のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」で販売しています。

<了>

関連記事


【小西 未来のハリウッドのいま、日本のミライ】アカデミー賞前哨戦のゴールデングローブ賞でヴィーガンメニューが導入された理由とは

PREV

【小西 未来のハリウッドのいま、日本のミライ】「パラサイト 半地下の家族」が“ありえない”アカデミー賞受賞を果たした理由とは

NEXT

人気の記事

RANKING

最新の記事

WHAT'S NEW

MORE