HOME メディア 【小西 未来のハリウッドのいま、日本のミライ】アカデミー賞前哨戦のゴールデングローブ賞でヴィーガンメニューが導入された理由とは
2020.2.12

【小西 未来のハリウッドのいま、日本のミライ】アカデミー賞前哨戦のゴールデングローブ賞でヴィーガンメニューが導入された理由とは

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

小西 未来(こにし みらい)

ロサンゼルス在住の映画ライター&映画監督。1971年東京生まれ。
ゴールデングローブ賞を選考するハリウッド外国人記者協会所属。ドキュメンタリー映画「カンパイ!世界が恋する日本酒」に続き、最新作「カンパイ!日本酒に恋した女たち」が現在、劇場公開中。

 


         
ゴールデングローブ賞といえば、アカデミー賞前哨戦のなかでももっとも盛大に報じられるため、その後のレース展開に大きな影響を及ぼすことで知られている。だが、今年の授賞式で導入された新たな試みによって、私たちの生活も影響を受けることになるかもしれない。

 

 alt= alt=
(c) HFPA

 

ゴールデングローブ賞の授賞式は、劇場で行われるアカデミー賞とは違ってホテルの宴会場で行われるため、出席者は食事やアルコール類を楽しむことができる。料理はコースになっており、近年は食の多様性を重んじて、ベジタリアン向けも提供されている。今年のメインには肉料理がなく、魚料理かヴィーガン向けの選択肢が用意された。菜食主義者であるベジタリアンが卵や乳製品を食べるのに対し、ヴィーガンは植物に由来する食材しか口にしないため、絶対菜食主義者や純粋菜食主義者などと呼ばれる。今回ヴィーガン向けに用意されたのは、エリンギをホタテの貝柱に見立てた料理で、すべてが植物由来のもので出来ていた。

だが、授賞式まで2週間を切った時点で、コースの全料理がヴィーガン向けに切り替えられた。魚料理は取り下げられ、メインはホタテの貝柱風エリンギのみ。生クリームやゼラチン、卵などが用いられていたデザートも変更。もともとヴィーガン向けだったスープと合わせて、絶対菜食主義者向けメニューとなったのだ。ゴールデングローブ賞はもちろん、あらゆる授賞式で提供されるメニューとして史上初の試みだった。

 

 alt= alt=         
(c)HFPA
 

その理由は、地球温暖化対策だ。近年、食肉や乳製品の加工に関する畜産が大量の温室効果ガスを生み出していることが明らかになっており、昨年国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)においては、排出量削減のためには肉を食べない食生活への転換が提言されていた。

さらに、オーストラリアで猛威をふるっている大規模な森林火災が追い打ちをかけた。気候変動との因果関係が否定できない事態になったため、ゴールデングローブ賞を主催するハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)は直前になってメニュー変更を決定したのである。

 

 alt= alt=
▲クエンティン・タランティーノ           ▲ホアキン・フェニックス、ルーニー・マーラ
(c) HFPA
 

もともとヴィーガンで、「ジョーカー」で主演男優賞(ドラマ部門)を受賞したホアキン・フェニックスは、「授賞式で何かを口に出来たのは今回が初めてだったよ」と、HFPAの英断を讃えた。「もはや動物食品を摂取するのは、個人的な選択ではない。世界中で劇的な結果をもたらしてしまっている」と、食生活の転換を求めた。

 

(c)HFPA

 

2018年のゴールデングローブ賞は、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ騒動後、はじめてセレブが集う機会となったため、Me Tooやタイムズ・アップなどが大きく注目を集めることになった。その後、女性の権利をめぐるムーブメントが大きなうねりとなっていたのは、ご存じの通りである。

 

今回のゴールデングローブ賞に続き、放送映画批評家協会賞、全米俳優組合賞で提供される食事もすべてヴィーガン向けとなった。このまま一般に広がっていくのか、あるいは一時のブームで終わるのか、今後の動向に注目である。

<了>

関連記事


【 ラジオレコメンダー“ やきそばかおる ”の I love RADIO】~放送局やエリアを超えたラジオの輪~MBSラジオ『次は~新福島!=第3章 構築と解体=』他

PREV

【 ラジオレコメンダー“ やきそばかおる ”の I love RADIO】~ドキドキ・ワクワクをお届けするラジオ番組・企画~TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』他

NEXT

人気の記事

RANKING

最新の記事

WHAT'S NEW

MORE